女の人

活性酸素の除去で疲れにくい体作り|健康で若々しいをいつまでも

適量を超えると毒になる

女性

老化の要因になる

活性酸素は体内に悪影響を与え、老化の要因になるということで最近話題になっています。しかしその仕組みについてはあまり理解していない人も多く、どのように活性酸素を除去するのか方法を知らず生活している人も少なくありません。活性酸素は適量であればだれの体内にでも必要な成分です。ウィルスや細菌を体からガードしてくれる役目を持っています。そのため日ごろから体内で活性酸素が作られています。呼吸で取り入れた酸素の2%は活性酸素になるといわれています。しかし日常生活の環境や習慣によってはそれ以上に活性酸素が体内で作られるようになり、悪影響を及ぼします。生成されるような日常生活を送らないことが予防の第一歩につながります。

生活環境や習慣を改善

まずストレスです。身体が無意識的にストレス緩和のためにホルモンを分泌させますが、その際に一緒に活性酸素も作られるのです。そして紫外線で巣。紫外線を体から守るために生成されます。肌に直接浴びた際にはより強力なものが生成されることもあります。喫煙やアルコールも要因の一つです。有害物質を体内に取り込むことは活性酸素を生成することを促すようなものです。他にも大気汚染や食品添加物なども同じように体内に有害物質を取り入れることになりますので、増加させることにつながります。激しい運動などで呼吸量増加すると割合は2%ですので、絶対量が増加する可能性があります。もし様々な要因によって増加してしまったら、サプリメントなどで解決していくことも行なっていきましょう。いまはトマトに含まれているリコピンという成分が凝縮されたものや、イソフラボンの成分が配合されたものなど多数あるので、それらを飲むことで活性酸素の生成を抑えることができます。生活環境や生活習慣を変化させながらサプリメントを飲んで活性酸素を体からなくしていきましょう。